忍者ブログ
ニュースや情報などのサイトです
   





プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
最新コメント
アクセス解析
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
[1]  [2]  [3
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

現代ではパソコンなどずっと同じ姿勢、体勢、目への負担が大きいなどから肩こりになる場合が多いですね。

肩こりはなかなか治らないものとされていますが、ピップエレキバンなど磁気を貼る、肩を動かす、肩を温める、歩くようにして血行を良くさせる、肩を揉む、マッサージをするなどがあります。

肩こりは頭痛を起こす場合もあるので改善したいところですね。

肩こりばひどい場合には病院で診てもらうこともできるそうです。

 

PR

プロ野球の巨人の選手、ダイエーやソフトバンクホークスの監督を務めた王貞治さんですが、食道ガンになって手術のことなどで取り上げられることもありましたね。

王貞治さんの手術は開腹ではなく、穴を空ける内視鏡手術だったので痛みもそこまではなく、すぐに歩けるほど回復していました。

王貞治さんもガンであるという自覚症状はなく、検査で分かったので、自覚症状はあまりないということになりますね。

その後は食事はゆっくり食べるようにはなったようですが、再発や転移は今はないようです。

やはりできるだけ痛みの少ない、回復が早い手術の方が良いですね。

 

プロ野球の阪神タイガースの赤星選手が引退しましたね。守備の際に脊髄を痛めて命の危険性もあるということで、ケガから2~3ヶ月ほどの早い決断となりました。

赤星選手の身長は170センチと野球選手の中では身長は低く体は小さい方なんですよね。体重も66キロなのでスポーツ選手ではない一般的な男性と同じような体型でもあります。

本人の話によると体が小さい分、全力で試合に臨まなければ試合ニで続けられないと思っていたそうです。

足が速いので、守備も上手で、そういう自分を活かすためにファインプレーも多かったですが、その分首を痛めたり、手首を負傷することも多かったんですよね。

野球選手はどこかケガをするものですが、赤星選手は首、手首、肋骨部分を負傷するなど、ケガが多かったように感じます。

スポーツをやっている方はケガをしない体づくりをする場合が多いですね。

 

新型インフルエンザでは生後7ヶ月の乳児・幼児も死亡する例も出ていますね。

新型インフルエンザに感染する年齢層というのは未成年に多いそうです。年齢が低い場合には脳症の発症もあるそうなので気をつけなければならないですね。

ワクチン接種に加え、うがい手洗い、マスク、健康管理なども大事になってくるそうです。

これから寒い季節になりますが、インフルエンザも広がる可能性が高い時期になるようです。

 

プロ野球の阪神タイガースの岩田 稔(いわた みのる)選手は糖尿病ではありますが、普通に野球もできていますね。

岩田選手の場合は多い2型ではなく1型の糖尿病です。その糖尿病になった原因は風邪を引いた時のそうなので、風邪でも風邪だけに留まらない場合もあるものなのですね。

2005年にはドラフトの希望入団枠で阪神に入ったので、注目されていた即戦力のある選手だったということになります。

プロ入り後は10勝をあげる年があったり、WBCにも選ばれたりもしました。

岩田選手の1型糖尿病の場合にはインスリン注射は欠かせなくなりますが、岩田選手自身も一日に4回インシュリン注射を行っているそうです。

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]