忍者ブログ
ニュースや情報などのサイトです
   





プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
最新コメント
アクセス解析
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


阪神タイガースの城島健司(じょうじまけんじ)選手はメジャーリーグから日本プロ野球の球界へ復帰した際には白髪が前よりも目だっていました。
 

メジャーに行ったときには知り合いから「あいつの白髪も前よりも増えたなぁ。違う国でコミュニケーション等の苦労もあるようだ」という風に言われていました。


前から白髪はあったものの、やはり環境の違いや言葉の通じない中で神経は使っていたのでしょうね。


年齢的にもまだ30歳前後でしたが、苦労は多かったようでした。


キャッチャーは頭をよく使うポジションとのこと。
 

阪神タイガースはファンの数も多い、マスメディア・マスコミも手厳しく記事を書くという風にも言われていますが、プレッシャーも感じているでしょうか。


プロ野球選手は比較的黒髪、茶髪の方が多く、白髪が目立つ方というのはいませんね。


白髪染めはやっているということでしょうか。


1週間に休みが1日、移動もあって時間はあまりないとは思いますが、頻繁に行っているでしょうか。



PR

横浜からFA宣言した内川選手ですが今のところはソフトバンクホークスの入団が濃厚なのだそうですね。

横浜ベイスターズは最下位が多くここ10年はBクラスがほとんどで負け癖がついてしまっているとも言われておりチームの方針というのがなかなか固まっていないという風にも言われています。
 
それだけに内川選手も優勝を目指すようなチーム方針があるチームに所属したいとのことでした。
 
ここ数年はレギュラーになることと自身の打率など個人成績で気持ちを維持してきたのだとか。
 
やはり仕方のないことではありますが万年優勝争いをするチームと毎年Bクラスになっているチームとではチームの雰囲気やモチベーション、緊張感部分にも違いがあるのだとか。

やはり横浜も万年Bクラスと言われていた阪神タイガーズが伸し上がったように開幕のスタートダッシュで勝ち癖をつける、Aクラス、上位にいる快感を体験するなど経験が必要なのでしょうね。

あとは補強なども不可欠でしょうかね。

球団はほとんどが赤字を抱えているので年俸も減らしたい方針ではありますが、盛り上がりを見せればまた宣伝費などの貢献、還元もあることでしょう。

パリーグはほぼ全球団がクライマックスシリーズに出ていますが、セリーグは横浜と広島はないのでその2球団にリーグの盛り上がりというのが託されているでしょうかね。

やはり全球団が出場すればリーグのレベルもさらに上がるでしょうし、盛り上がるファン層も広がるので野球も発展することでしょう。

楽天の中村紀洋選手が戦力外になったそうです。

本人は現役続行を希望しているそうですが。

最近の成績を見てもそんなに悪いと言う印象もないのですが、昔に比べると落ちたとか、より悪い成績に映るとか、年齢が37歳と言うこともあるので難しいのでしょうかね。

中日からフリーエージェント(FA)で2009年に楽天入り。
 
昨季は77試合の出場で打率2割2分1厘、2本塁打、26打点。

今季は129試合で打率2割6分6厘、13本塁打、64打点。

去年は良い状態ではありながらも他の選手もよかったようで、なかなか出場機会には恵まれなかったみたいですね。

以前はホームランが魅力的な選手、FAでは国内にするか海外にするかを選べる権利もあるほどの選手でしたが、数年後にはチームから戦力外を言い渡される立場にもなるものなのですね。

野手の選手となるとあと5年前後、数年の選手生活になるでしょうかね。

元阪神タイガースの赤星選手ですが、オリックスが獲得に動くという話もありますし、もしかして現役復帰ともなるでしょうかね。

現在でも筋肉トレーニングは続けているそうで、現役復帰希望があると捉えていいのでしょうかね。

阪神タイガースから現役引退した時にもまだ気持ちが固まらず、まだ野球生活に未練があるようにも感じていました。

しかし最初から最後まで阪神タイガースに所属し、それ以外のチームでプレーすることは考えられないとのことでした。

阪神タイガースの許可が必要らしいですが、どうなるのでしょうかね。

野村克也さんも他の医師にも診断してもらった方がいいとも言っていましたが、結局赤星さんへの診断はどうなっていたのでしょうかね。

阪神タイガースのキャッチャーである矢野選手が引退しました。

矢野選手は選手生活20年ということで選手の間に成人を迎えたというほどの時間を費やしてきたということになります。

ここのところはケガで試合を離れたりと体調の方は思わしくなかったようです。

体力の方も以前と比べると思ったように動かないことも多かったのではないかと思います。

最近では40代選手の活躍、40代後半の選手の活躍も目立ちますが、やはりこの年齢になると調子をピークに上げてなんとか試合に出られるという状況でしょうかね。

チームメートに親しまれたキャッチャーという印象があります。

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]