忍者ブログ
ニュースや情報などのサイトです
   





プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
最新コメント
アクセス解析
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


伊東 美咲(いとう みさき)さんは京楽産業社長の榎本善紀さんと結婚し出産後はあまり芸能活動は行っていませんね。


伊東 美咲さんが結婚する数ヶ月前にも伊東 美咲結婚か!?入籍か!?と報じられ、その後事務所が結婚することはないと否定していたので、結婚するしないで意見の食い違いがあったのか?


事務所は違うところに移籍したようではあります。



神田うのさんの夫と同じ業種で親交があったとか、神田うのさんが紹介したとかいろいろと言われていましたが、二組の夫婦は見ているところが多いですね。
 

伊東 美咲(いとう みさき)さんも神田うのさんと同じく、毎日レストラン風な食事をし、デパートへ買いものに出かけ、お手伝いさんが家事をやってくれるという環境でしょうかね。
 

社長夫人なので忙しい、子供が生まれたのでそちらに重点を置きたいなどの意思があるのかもしれません。


福島県いわき市出身なので、東日本大震災の影響はかなり受けているでしょうね。


原発も近いのではないでしょうか。



結婚前には榎本善紀さんさんの福島県いわき市の実家を訪れたという目撃も出てきていたようなので、その場所には今は帰れないという状況なのかもしれません。



PR

お笑い芸人の方は貧乏生活、貧乏時代が多かったとも言われますが、他のタレントに比べると給料の値上がりが早くはない、大きくはない、オーディションや舞台などの仕事が多いので、アルバイトができない、その結果収入が落ちると言う風に言われ、芸能界だけで食べていけるようになると生活は安定して給料も徐々に上がっていく傾向にあるのだそうです。



家賃が2~3万円の方も多かったり、食費は1万円前後、よく先輩におごってもらったという人も多いです。
 

貧乏生活があったというタレント、狩野英孝、オードリー春日、いとうあさこ、カンニング竹山、チェリーパイ、坂本ちゃん、髭男爵など。


だいたいタレントは最初は貧乏生活なものの、実家通いの方、実家がお金持ちの場合には、貧乏生活もないのだそうです。


猿岩石の有吉さんは仕事を選んだことで仕事がなくなったものの、事務所の先輩芸人の方などに面倒をみてもらって貧乏にはならなかったそうです。


人付き合いがよいと貧乏にはならないのかもしれませんね。


人間関係は大事です。



生活習慣病は以前は成人病とも言われていましたが、今となっては成人でなくても心得が必要ということで生活習慣という言葉が使われるようになったのでしょうかね。

やはり日々健康であるのが一番ですし、もし病気になったらなどなど考えると不安が積み重なっていくものです。
 
基本的には栄養分を考え、肥満を予防し、運動をしてよく寝るということでしょうね。

やはりどちらかと言えば食生活に気をつけている方の方が健康で長生きする傾向にあるかなとも思います。

親族や兄弟姉妹が病気で死亡した方というのはより健康には気を使っているように感じます。

何か病気になりにくい薬とかサプリメント、方法、健康でい続けられる方法があればいいですが、人間の体も解明されていないことも多いので一日一日を気にかけるしかなさそうです。


最近は不況で人の分まで働かないといけないという場合も多いものです。
 
そういうこともあって疲労を感じる方も多いですね。

頭痛、肩こり、目の疲れ眼精疲労、だるい、気分が優れない、不眠などさまざまな症状が出てきます。

今まで疲れが取れていたものが徐々になかなか取れなくなり疲労感を抱えたまま出勤、仕事となるのはつらいものです。

今はサプリメントや体の疲れを取る食品が出ていたり、エステやマッサージなどで疲れを取るという場合もあります。

疲れを感じたらできるだけ早いうちに治療など改善をした方が良いでしょう。

サプリメントは食事ではなかなか取れない成分のものもあるので上手に食事と活用していきたいものです。


西川の羽毛布団など寝具用品はやはり気持ちがいいですね。

ふわふわで気持ちよく暖かかったり温度調整がちょうど良いという印象です。

それだけあってやや価格は高めかなという印象もあります。
 
羽毛布団は通販サイトではけっこう価格が手ごろになっているものですね。

やはり冬用夏用があるからでしょうか。

1万円以内で買える羽毛布団から10万円近い高級羽毛布団など種類も価格幅もさまざまです。

今は冬になると夏用の薄い羽毛布団を2枚重ねで使うという活用方法を取っている方も多いです。


Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]