忍者ブログ
ニュースや情報などのサイトです
   





プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
最新コメント
アクセス解析
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


よく年収が低い場合には結婚を思いとどまるという風にも言われていますが、実際に未婚の男性のうち年収が400万円未満の方と言うのは84%近くいるそうです。

野村総合研究所の調査によると未婚男性のうち年収が400~1000万円の割合は3%前後なので収入が高ければ結婚する、反対に収入が低ければ結婚しないということが言えるのかもしれません。

結婚していないから出世しない・給料が増えないのではないかということも言われますが、結婚すれば出世する、給料の高い会社に転職できるというわけでもないですし、やはり収入が低いので結婚に至らない可能性もあるでしょうね。

これから収入も上がっていく層も今は400万円未満に含まれていると言う場合もありますが、給料が上がる可能性がない、反対に下がる可能性があるという男性も多いのではないでしょうかね。

比較的大企業と言われるところは入社数年でトントンと上がり上昇率も高いですが、中小企業の場合には上昇率が緩やかと言う風にも言われています。

男性は年齢が上がればその分結婚の際にはお金・収入を条件に見られる場合が多く、女性も年齢が上がるほど結婚相手の男性の収入面は厳しく見る傾向にあるようです。

少子化と収入と結婚・未婚というのはつながっていますし、少子化改善=収入・雇用の改善と言うのはセットにして考えなければならないかもしれません。

首都圏で住んでみたい場所は?

PR

毎年住んでみたい場所はというランキングが発表されますが、首都圏で住んでみたい街のランキングは、1位「吉祥寺」、2位「自由が丘」、3位「横浜」、4位「二子玉川」、5位「恵比寿」、6位「広尾」、7位「鎌倉」、8位「目黒」、9位「神楽坂」、10位「中目黒」となりました。

だいたいが都心に近い、買い物をする場所など便利な機能がありながらも自然に囲まれていると言うのが人気の要因のようです。

吉祥寺はおしゃれな店も多いけれど井の頭公園など自然もある。

横浜は東京都ではないものの、デパートも多くおしゃれに関心の高い人が多い、集まる、お金持ちのような人らしき人が多い、高給取りと言われる層が多いという印象でした。

二子玉川は高島屋が有名ですが、世田谷ということもあり年収の高い人、会社経営者家族が多い風に見えました。

おしゃれで高級感の雰囲気が広がっています。

恵比寿は都心に近く通勤にも便利と言うところですね。

新宿や渋谷方面、東京駅方面の真ん中にあるという感じでしょうかね。

恵比寿ガーデンプレスもありゆったりとした雰囲気もあります。

前回から上昇したのが前回16位の「神楽坂」が9位、「麻布十番」が22位から14位、「武蔵小杉」が35位から16位に。

麻布は六本木に近く都会的な雰囲気が広がっています。

外国からきた人々も多く、国際的な雰囲気もあり都会の街です。

東京スカイツリーの建設地域である押上、墨田周辺エリア人気上昇。

二子玉川周辺エリア、武蔵小杉周辺エリア、豊洲周辺エリアが発展が期待できそうな注目エリアに。

神奈川県では、7位にIKEAなど商業施設が多いということで横浜港北周辺エリア、8位にラゾーナ川崎プラザのある川崎周辺エリア、11位にコレットマーレのあるみなとみらい周辺エリア、19位に新しく政令指定都市となった相模原周辺エリアが人気に。

川崎と言えばそんなに有名な場所というのもなかったように思いますが、川崎駅の前には大型商業施設があり、周辺には高層ビルもあり、反対には開放感のある空も広がりと便利な場所と開放感が共有している場所でした。

産業を支えている街のような懐かしい雰囲気があります。

他には千葉県の臨海地区幕張や舞浜もおしゃれな街として人気かと思います。

ここのところは売れすぎて販売停止、延期と言うことが多いですがソニーのウォークマンも受注が見込みを大幅に上回ったということで延期になったそうです。

ソニーのウォークマンと言えばカセットテープ、猿がCMに出ていたと言う印象でしょうかね。
 
現在は携帯音楽プレーヤーとしてのうオークマンとなっています。

延期されるのは「NW-E052K」、「NW-E053K」の2機種です。
 
国内での販売台数がアメリカアップル社の「iPod(アイポッド)」を初めて抜いて1位となっていました。

なんとなく音楽プレイヤーと言えばアップル社という印象があり長期間アメリカの商品が主流でしたが、最近は日本のメーカーも健闘しています。

最近はyoutubeなど無料でも音楽を聴く機会も増えましたが、外でも音楽を聴いていたいと言う方も多いのですね。


オードリーの春日さんは節約本なども出しているそうですが、ちょうど節約時代の風潮にあった本となっていますね。

これまでも節約本は出さないか?というオファーも何件かもらっていたそうです。

春日さんの節約では食費は1万円以内の9000円前後、今も風呂なしのアパートで生活、欲しいものは拾ってくる、楽屋の弁当はいくつか持って帰ることもある、外で無料で利用できることはできるだけ外のものを使うなど光熱費なども極力抑えているのだそうです。

春日さんの節約の目標は一軒家を建てることなのだそうですが、もうそろそろ建てられそうな気がしますが。

もし購入したら節約も終えるのでしょうかね。

今も売れる前から住んでいた一般的なアパートに住んでいるんですよね。

お笑いの方は忙しいからあまり家に帰る機会もないからか、引っ越す時間がないからか、引っ越さずにそのままそこに住んでいるというパターンも多いですね。


最近は国際的なビジネス交流などもあって英語が重視されることが多いですね。英語の語学力もそうですし、コミュニケーションである英会話も大事です。

それとは反対にNOVAなど英会話教室・スクールの閉鎖などが続きましたし、英会話スクールの数というのは減ったのではないでしょうかね。

近所にないとか、最近は見かけなくなったということも多いのではないでしょうか。

一方でスピードラーニングなどの英語教材は購入者が増えていますね。

自然に英語力が身に付くと言うもので、今までとは違う英語勉強となっています。

英語は中学校からは常に必要不可欠なものとなるので、どうせなら日本語と同時に子供の頃から身につけておきたいところですね。

親戚の子供も英会話学校に通っている子供が多いです。

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]