忍者ブログ
ニュースや情報などのサイトです
   





プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
最新コメント
アクセス解析
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


相手は元ファッションモデルで現在はアパレル会社を経営する一般男性(26)ということなので、eggやpopteenなどギャル系雑誌に出ていた人となるのでしょうかね。


夫婦のカラーとしては益若つばささんのような夫婦でしょうか。


アパレルと言えばNIGOさんもいますし、そういう売れっ子で活躍人物になる可能性もありますね。


他の業種は販売シェアが大手のメーカーが占めることが多いですが、アパレルに限っては、ユニクロが1割程度と変動が激しいところなので、成功しやすいのかもしれませんね。
 

だいたいモデル業をした後は自分でアパレル会社を設立するという方が多くなっています。


小森純さんはギャルと言われますが、ギャルメイクでは大人から見ると顔に自信がないからあれほど濃い化粧をする、濃いメイクをするという風に思われることもあるのだそうです。
 

本人達にとってはギャル風なメイクをしたいということで結果が濃いメイクになっているのだと思いますが、大人と若者とでは受け取り方も違いのですね。


小森純さんは二重まぶたの整形をしたこともあると発現しているのだそうです。



PR

タレントの東ちづるさんはアダルトチルドレンだったということを発言することがありますが、なんでも原因としては父親がアルコール依存症だった、それにより母親が厳しくなりしっかりしろと言われ続けたことで心理的に負担があったのだとか。


アダルトチルドレンでは家庭の不健全、環境の悪さというのが背景にあるとは言われている一方で、親子間にトラブルのない家庭なんてない、人の言動に特徴があるように何かしらその家庭ごとに特有な部分はあるとか、どこの家庭も何か問題は抱えているものとも言われますね。
 

また家庭にそれほど不満はなくとも学校など社会のトラブルもあるものなので、家庭だけが精神的苦痛を生み出しているというわけでもないでしょうし総合的に見ていくことも大雪かもしれません。


親が子供に対して無関心、愛を感じない、その反対が子供への思いが強く過干渉になり教養的になるというものでしょうかね。
 

バランスよく振舞うのが良いのでしょうけれども、なかなか人間は相手がどう思っているか分からない、何を求めているのか分からない、どうすれば最適なのかも分からないので、行き違い等は出てくるものではあるでしょう。


そういう溝を埋めるためには相手に発言の機会を与えてより良い環境を作っていくというのが大事でしょうかね。


同じような家庭環境にいても兄弟の中には心の問題が出る人と出ない人が分かれることも多いですね。
 

傾向としては兄弟の一番上の長男長女など、親にとって第一子に出やすい印象です。


やはり第一子にとってこの世に誕生した時は親と自分の環境があり自分にとって親の占める割合が高い、第二子以降は親と兄弟がいる環境から始まり、親の占める割合が低いということも関係あるでしょうかね。
 

長男長女は親に不満を持つことが多いけれども、意外と次男次女はそんなに親を嫌っていないということも多いものです。


東ちづるさんの妹はどうだったのかも気になりますね。


有名人の中にも厳しい親というのがいますが、大人になって問題を抱える人がいる一方で、まあ普通な生活を送っていたりと、個人差もあるようではあります。
 

顔や体がそれぞれ違うというのと同じく脳など機能もそれぞれ違う、体質などによっても変わってくるようなので、自分場合はどうであるかと冷静な判断も必要ではあるでしょうね。



吉本興業の芸人であるシルクさんは年齢は50歳ほどということでも注目されていますね。


シルクさんは以前から吉本興業のタレントの中では年齢不詳あるいは詐称的な予測不可能な存在という感じで、年齢は明かさずも実はけっこう高いという風に紹介されることが多かったです。
 

以前は水着で芸を披露したりとおもしろい風な美でやっていましたが、今はおもしろ系の芸はあまりせずに美容番長として美の講演などを行うことがメインになっていますね。


そういうシルクさんも20歳以上年齢の離れた男性と交際しているのだそう。


その男性の詳しい話はあまりないものの、大学院に通っている薬剤師なのだとか。


関心の高い状態なので、フライデーとか女性週刊誌に激写されてもおかしくはないですが、ガードが固いのか今のところはそういう姿は見られませんね。


同じ20代同士で付き合うのとはまた違い新鮮な気分、自分にはないものをお互いに持っている魅力なども感じ取ることができるものでしょうかね。


結婚ともなればお互いの両親兄弟などとの付き合いもあるのでなかなか大変ではあるでしょうね。


シルクさんも以前はオリックスバッファローズのコリンズ監督と交際していましたが、コリンズ監督は50代の同年代ほどだったので、対象年齢の幅は広いです。


その時にはそれほどそこまで話題にはなりませんでしたね。



磯野貴理さんは現在47歳ですが24歳年下の23歳の男性と交際しているそうですね。


なんでも行きつけのバーで働き始めた彼と出会い交際が始まったのだとか。

彼によると磯野貴理さんはきれい、元々年上の女性がタイプだったとのことですが、基本的には一回り年上ほどの35歳くらいまでの女性が許容範囲だったそうですが、出会ってみるとあまりそういう境界線は気にならないということでしょうかね。
 

磯野貴理さんも最初は悩んだそうですが、今となっては信頼していて積極的に関係を維持させているのだそうです。
 
彼氏の両親とも会ったことがあるそうですが、そのことについて詳細はあまり明かしてはいませんでした。
 
現実的な話で見るとやはり両親にとっても子供の子を見たい、孫を見たいという場合になれば出産が可能な40歳前後の女性と結婚してもらいたいという気持ちはあるのでしょうか。
 

もし他の兄弟の孫がいるというのであればそれほど思わないのかもしれません。


それほど子供を意識していないのであれば20歳差で仲良く暮らしていくというのもなくはないでしょう。
 

その後の夫婦生活で局面を迎えるのはやはり介護が必要になったときでしょうかね。


彼氏もその時にはまだ働き盛りの40代50代でもあるでしょうし、その年齢で妻の介護となるのもなかなか大変かもしれません。


さらに親も介護が必要となった場合にはハードな生活にはなるでしょうね。


もし彼氏が若い子がいい、若い恋人がいいと言ってきた場合にはもうどうしようもないので、仕方ないと思う反面、どうしようもないやりきれない気分にはなるでしょうか。


男性恐怖症となったという磯野貴理さんですが、どういう結末になるか。

貴理子から貴理に改名して幸せになれるかどうか?!


14日、韓流スターのパク・クァンヒョン(33)さんがが大阪市北区のサンケイホールブリーゼで「トーク&ライブ 2011」を行い600人のファンが集まった。
 
「大阪の皆さんこんにちは。大震災、心からお悼み申し上げます」 「Dear…」の曲などを歌った。

ちなみに「Dear…」は親友、故パク・ヨンハさん(享年32)のことを思って作られた曲。


タレントの楽しんご(32)さんの「ラブ注入」のものまねも得意としていて、ここでも披露しファンを楽しませた。


そのほかにもさいたまスーパーアリーナでも人気K-POPアーティスト16組が参加した東日本大震災被災地支援チャリティライブ「東京伝説2011」が行われていますし、ボランティアには積極的ですね。


東方神起のチャンミンは「つらい時間を過ごしている方々が多いと思います。『早く元気を出して頑張ってください』と伝えたい」「特に子どもたちにはいつも大きな夢をもって、(その)夢に向って頑張ってほしい。僕たちもその夢を応援したい」



ユナク(超新星)は「何が出来るかをメンバーと話し、被災地の岩手に行ってきました。少しでも力になれて良かったです。被災地の方が笑顔で迎えてくださって、いろんなことを感じました」



ホンギ(FTISLAND)は「日本の人たちは、震災に遭ったにも関わらず、お互いに助け合って過ごしているのを見て凄いと感じた」「日本のために、皆さんが今できることをすれば、ちゃんと上手くいくはず。一緒に頑張りましょう。元気を出してください」



テギョン(2PM)は「日本の皆さんが被害を受けているのに、僕たちがステージ上で笑ったり、歌ったり踊ったりしてもいいのか」「被災者支援になるのなら」と参加を決めたとし、「皆さんが早く笑顔に戻れるように今日のライブを頑張ります」と意気込みを語った。


グォン(2AM)も「今日のコンサートで元気になってください」


集まった収益金はアジア貧困地域の子供教育支援と東日本大震災で家族をなくした子供たちに贈られる。


海外では養子をもらう場合も多いですが、日本ではまだ盛んでもありませんし、災害以外で親のいない子供も多くいるので、そういう子供達が安心して暮らせる制度はもっとあった方が良いですね。


ヨン様をはじめ、スポーツ選手やアイドルグループの方も義援金を行っています。


Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]